青汁でコレステロールを下げることができる

ドリンク

青汁で得られる効果

女性

青汁は健康に良い栄養を簡単に体内へ取り込むことが出来ます。他にも青汁には免疫力をアップさせたり、生活習慣病の予防にも効果が期待されていることをご存知でしょうか。こういった青汁の効果を知ることで更に健康意識が高まるでしょう。

青汁を選ぶポイント

青汁

青汁の原材料は大きく分けて「ケール」「大麦若葉」「明日葉」の3つの野菜があります。それぞれに効果や栄養素が違うので、目的に合わせ、自分に合った青汁を選ぶといいでしょう。

おいしい飲み方

ウーマン

青汁には色々な飲み方があります。近頃の青汁は苦味やくせも非常に少なくなってきました。それでも全ての苦味やくせがなくなった訳ではないので、色々な飲み方を試してみるといいでしょう。

コレステロールが気になる

ドリンク

コレステロールとは、善玉コレステロールと、悪玉コレステロールと言う種類があり、悪玉は体内にコレステロールを運ぶ仕事をして、善玉は増えたコレステロールを肝臓に戻す作業をします。悪玉が増えすぎることで、動脈硬化が起こる可能性が出てきます。善玉が減ってしまうと血管が弱くなったり、免疫力が低下してしまい、がんや心筋梗塞などを誘発する原因となると言われています。悪玉と善玉のバランスを保つことが大切になってきます。青汁にはコレステロール値を下げるための有効な成分、また、がんを予防する成分が豊富に含まれています。青汁に含まれる食物繊維は、コレステロールに非常に効果的です。水溶性食物繊維と言われる成分が、腸内でコレステロールを回収して体外に排出する働きをしてくれます。青汁に含まれるビタミンもコレステロールを下げる成分として有効です。悪玉が酸化してしまうことによって、コレステロール値が高くなってしまいます。ビタミンには抗酸化作用が含まれているので、酸化した悪玉を分解して正常値に戻してくれます。ビタミンEには特に強力な抗酸化作用があって、活性酸素の影響でコレステロールが酸化してしまう「過酸化脂質」を分解する効果があるでしょう。青汁に含まれるビタミン、食物繊維にはコレステロール値を下げる効果があるので、健康診断でコレステロール値が高いと診断された人は青汁を飲むことをおすすめします。毎日青汁を続けることで、少しずつコレステロール値は下がっていきます。

外食やコンビニ弁当、インスタントの食品ばかりの生活を送っていると、どうしても慢性的な野菜不足になってしまいます。一人暮らしや単身赴任などをしていると、さらに野菜を摂ることが少なくなるでしょう。一日に必要な野菜の摂取量を、日頃補うのはなかなかむずかしいです。そこで不足しがちな野菜の成分を簡単に摂取できるのが青汁です。粉末タイプと、サプリメントタイプがあるので、自分の飲みやすい青汁を選びましょう。少ない量で一日に必要な野菜の成分が凝縮されているので、無理なく摂取することができます。