青汁を選ぶポイント | 青汁でコレステロールを下げることができる

青汁でコレステロールを下げることができる

男女

青汁を選ぶポイント

青汁

青汁には有名な原材料として、「ケール」「大麦若葉」「明日葉」の3つがあります。まずはケールですが、青汁はこのケールを絞って飲み物にしたものだと言われています。ケールとはアブラナ科といわれる野菜の1種です。キャベツの外側にある葉のようなもので、ケール自体は非常に苦味のある野菜です。ケールには食物繊維が非常に多く含まれていて、腸内環境を整え、便秘解消に絶大な効果を発揮します。他にも葉酸と言われる栄養素は造血作用があって、女性には必要な栄養素がたくさん詰まっています。カルシウムも豊富で、牛乳の倍以上といわれています。次に美容に効果的なβカロチンやビタミンC、メラトニンといわれる安眠にも効果がある成分も含まれています。非常に栄養バランスに優れていて、多くの青汁にこのケールが使用されています。次に大麦若葉ですが、こちらは美容に特化した野菜になります。SOD酵素といわれる成分は、肌の老化や酸化させる活性酸素を取り除く効果があります。大麦若葉にも、ビタミンCやカルシウムが多く含まれています。日常生活に必要なミネラル成分の亜鉛、さらにトリプトファンといわれるうつ病を予防する成分も含まれていて、気分が落ち着く効果が期待できます。ケールが全体的にバランスの良い青汁なら、大麦若葉はアンチエイジングや美容に効果を得たい方向けの青汁になります。明日葉は「明日、葉がでる」と言う意味で付けられた野菜で、疲労回復に活躍するビタミンB1、新陳代謝を良くするビタミンB2、ホルモンバランスを整えるビタミンB6、老廃物を排出するカルコンといわれる成分が含まれています。日々の疲れを取ることに重点を置きたい時は、この大麦若葉を使用した青汁が良いでしょう。